芦川行政書士芦川行政書士

ペットサービスの問い合わせには、一定の経路があります。

その経路を知れば、申し込み率も上げやすくなります!

申し込みまでの経路を確保しよう!

申し込みまでの経路を確保しよう!

提供するペットサービスの内容に自信があっても、WEB上では申し込みまで誘導できなければなりません。

誰も見ないブログは存在しないものと同じ

良く使われる表現ですが、私自身思い当たる節は沢山ありました。WEB集客においては、思いのほか細かな要素にまで配慮しなければならなかったのです。

ここではWEB集客におけるペットサービスの申し込みまでの経路を知り、その施策も同時に考えてみましょう。

問い合せボタンを押すまでの真理

まずWEBページにアクセスした人は、どんな時に問い合せボタンを押すのでしょう。

  • 1. サービスの魅力に惹かれた時
  • 2. 無料相談を申し込みたい時
  • 3. 見積もりをお願いしたい時
  • 4. 最初から申し込みを決めている時
このように問い合わせボタンを押すまでには、心理的なハードルがあります。

そして辿り着いたページが、その心理的なハードルを下げるコンテンツ・構成でなければなりません。

4.最初からお申し込みを決めている時」は最もハードルが低く、ペットサービスを検索し、サービスに問題がないかどうかを再確認したら、即お申し込みをされるケースが多いでしょう。

ただし、この4番はかなり少数ですので、最初からこの4番を狙い撃ちするのではなく、ご覧いただいている方に1.2.3のいずれかの真理になってもらうことが大切です。

これにはライティングと呼ばれる技術が必要であり、ここでは簡単に言うと「読み手の心情に先回りする文章を書く技術」とお考え下さい。

そしてライティング技術は業種により大きく異なるため、ペットサービスのWEB集客を目標としたライティング技術を鍛える必要があります。(別記事で詳しくご紹介します)

問い合わせまでの2種類の経路

問い合わせまでの2種類の経路

お客様が問い合わせボタンを押すまで、どのような経路があるのでしょうか。

ここでは「WEB検索からの流入」と「WEB広告からの流入」の2種類の経路を確認してみましょう。

WEB検索からの問い合わせ経路

まずは「WEB検索からの問い合わせ」の場合を見てみましょう。

検索から問い合わせまでの経路

グーグルやヤフーなどの検索エンジンからアクセスされた場合、問い合わせには上記の経路があります。

そして記事の質・サービスの内容が良いだけでなく、サイトの構成表示速度なども影響します。

ただし経路自体は非常にシンプルであり、スーパーなどで商品を購入する流れと非常に良く似ています。

商品に興味を持つ
 ➡ 記事を読む・問い合わせをする・申し込む

商品に興味が持てない
 ➡ サイトから離脱する、後日訪問する

そしてWEB検索からの問い合わせ数の向上には、以下の施策が必要です。

  • 記事数の増加
  • 記事のライティング技術の向上
  • サービスの多角化
  • サービス数の増加
  • 検索エンジン最適化(SEO対策)
  • 問い合わせしやすいサイト構成
  • 色彩・ビジュアル的要素
これらの施策はサイト運営の中で次第に身に着けるものと、書籍やセミナーなどで学ぶものがあります。

それぞれが非常に細かな内容であるため、ここでは列挙に留めさせていただきます。このコラムでは可能な限りこれらの情報もご紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

ただ、いずれの施策に関しても最初は多くの時間が必要となりますので、できるだけ早くから開始すべきでしょう。

WEB広告からの問い合わせ経路

次に「WEB広告からの問い合わせ」を見てみましょう。
広告による流入からの問い合わせ経路
WEB広告からの流入の場合、早ければ数日でアクセス数の増加を体感します。同時に流入してくる方もWEB検索で流入してくる方と性質が大きく異なります。

前提として「最初から申込を検討している」場合や「サービスを比較している」場合が多く、結果としてアクセスが申し込みに直結しやすい性質があります。

ただし、これには以下の前提があります。

  • WEB広告を最適に掲載している
  • グーグル広告などの場合、検索ワードの絞り込みを行っている
  • アクセスされたページに、サービスの魅力が詰め込まれている
  • アクセス者をサイト内に留めるページ構成である
何も考えずWEB広告を打つのと、計画的にWEB広告を打つ場合では、申し込み・問い合わせ率に大きな差が生じます。

そしてグーグルを始めとするWEB広告の主流は1クリック当たりの単価性ですので、サービスの提供価格から広告に費やせる費用を算出しなければなりません。

また同時に、アクセス時の申し込み率を上げる施策がなければ、最悪の場合は赤字になります。

このWEB広告に関しても非常に細かな知識が必要ですので、今後順を追ってご説明します。

金銭的な余裕があれば、まずはWEB広告を打ってみて実際の反応を確認する方法も効果的です。その場合はWEB検索からのアクセスアップを並行して施し、2つの要素からの集客が可能なサイト構成を狙うと良いでしょう。

また、どの検索ワードからの流入が最も申し込み率が高いのか確認し、WEB広告に申し込む検索ワードを精査する作業も必要となるでしょう。

これらの問い合わせ経路には、それぞれの長所と短所があります。

ただこれらの施策に関しては、個人的にはメリット・デメリットにとらわれず、まずは始めて見ることをお勧めします。

特に「WEB検索からの問い合わせ」に関しては、より良い記事を書く練習にもなり、同時に記事の大量ストックからのSEO対策(検索上位化)にも繋がります。

無料でできる施策ですので、1日でも早くお試しいただくべきでしょう。

今回は問い合わせまでの簡単な経路を、お話させていただきました。次回以降、さらに詳しく分かりやすくご説明致します。

ここまでご覧いただき、本当に有難うございます。

ペットシッターの契約書・運営書類ならお任せください!

電話無料相談はいかがですか?

芦川行政書士芦川行政書士

サービスの運営方法や、ホームページの作成方法、

契約書・運営書類の作り方から、そのコツまで、

当サイトの無料相談では、気兼ねなくお尋ねいただけます!

是非、お気軽にご連絡下さい!

広告主様