芦川行政書士芦川行政書士

より具体的に、どんな記事を書くべきか。
まずはご自身がお持ちの知識を、記事する事から始めましょう。

これから記事をご作成されるに当たり、是非ご一読ください!


広告主様


ご自身の知識を記事にする方法

ご自身の知識を記事にする方法
では前回からの続きで、実際の記事の詳しい書き方をご紹介します。

そのうちの一つが、『ご自身の知識を記事にすること』。これは人により知識の種類も異なるため、完成する記事の種類に大きな差が生まれます。

特にペットサービスをご開業されている方ならば、以下の知識を記事にし易いでしょう。

  • 過去の実務経験
  • 飼育されているペットの特性
  • ペット飼育に必要な届出等
  • ペットに関する病気や運動方法
そしてこれらの知識は空で言えるレベルかもしれませんし、『確かそうだったような…』という曖昧な知識かもしれません。

そのためまずは、その知識が本当に正しいのかどうかを、書籍や実務経験者・見識ある方のご意見等で裏付けする必要があります。

そのためまずはご自身が書ける知識をリストアップし、同時にその正確性を裏付ける資料や研究結果を用意します。

ただ実務上は全ての知識を裏付けするだけの情報収集は難しいですし、莫大な時間がかかるのも事実です。

そのためバランスを取り、自分の知識があいまいだと思う部分だけはその裏付けとなる情報(私たちの場合ならば各種条例や条文)等を明記し、それ以外の部分に関しては『自身の経験に基づく』と明記される方が良いでしょう。

時にインターネットから情報を収集する場合もありますが、正直曖昧な情報や誤りである情報も多数見受けられます。

そのためまずは、ご自身の知識を裏付ける書籍や研究結果等を複数拝見し、ご自身の知識が誤ったものでないことをはっきりとご確認されるのが良いでしょう。

検索意図を組み合わせ、アクセス数を上げる

しかしここまでは『知っている知識の根拠をつけ、記事にする』までの作業です。実際には検索される記事に仕上げ、さらにはお客様を集客する記事に仕上げる必要があります。

つまり、持っている知識をカスタマイズする事。検索される言葉に書き換え、同時にペットサービスに申し込みたくなる内容に仕上げることです。

検索意図を組み合わせ、アクセス数を上げる

検索されるキーワードであること

まず最初のポイントである『検索されるキーワード』は、グーグルの『キーワードプランナー』等を活用します。これは実際にどんな単語が検索されているのかを調べ、出来るだけ検索数が豊富な単語を意図的に記事の中心に仕上げる方法です。

このキーワードプランナーの使い方は別記事でご紹介しますので、今のところは『こういうのがあるのだな?』とご理解いただければ幸いです。

参考:グーグル キーワードプランナー

申込みに繋がるキーワードであること

そして次の要素である『申込みに繋がるキーワード』ですが、こちらは売り上げに直結もしくは影響する要素です。

簡単に言えば、皆様のHPの記事を読み終えた後に『申し込みたい』と思う要素が無ければならないということ。つまり読者様に申込みをいただくための『スイッチ』が、記事の中になければならないと言う事です。

例えばアクセスだけを増加させる目的ならば、『動物のおもしろ動画』等でも良いでしょう。これは過去から現在まで一定の検索数があり、非常に安定している検索ワードです。

そのため『動物のおもしろ動画』に関する記事を仕上げ、HPで公開すれば、ある程度のアクセスは得ることが出来ます。(もちろん記事の制度にも寄りますが。)

しかしこの種類の記事は、シッティングやトリミングの申し込みには繋がりづらいでしょう。なぜなら、そもそもシッティングやトリミングを求めている方が検索するわけではなく、あくまでも『動物のおもしろ動画』を見たい方が検索しているためです。

つまり検索時点で検索者の将来的な行動は、ある程度決定しています。そしてその目的が検索内容に表れているのです。

そのため私たちが記事経由でお申し込みを獲得するためには、『お申込みに関連する記事を書く』事が求められるのです。

例えばそれは、『シッターとの安全な契約方法』かもしれませんし、『優秀なトリミング店の見つけ方』かも知れません。

これらは全て、お申し込みをある程度検討されている方にご覧いただくページであり、優秀なお店だとご理解いただければお申し込みやご相談に繋がります。

もちろん記事の精度が低ければお申し込みには繋がりませんし、むしろ最後までお読みいただけないでしょう。

アクセスを稼ぐだけなら、書ける記事の種類は、ある意味無限です。『安全なお勧めフレキシブルリード』や『老犬にお勧めドックフード』など、あらゆるジャンルの記事が書けると思います。

しかし記事作成の最終的な目的が『シッティング・トリミングの申込』であれば、お申込みを検討している検索者に向けた記事が必要です。

そのためまずは、これら2点の要素をじっくりとノートなどに書き出し、検討する必要があるでしょう。最初は少し時間がかかりますが、慣れてくればある程度スムーズに検索者の意図を先読みすることが可能です。

まずこれから記事をご作成されるに当たり、以上の内容を意識されてはいかがでしょうか?次回はこの『申込に繋がり易いキーワード』について、詳しくご説明させていただきます。

ここまでお読みいただき、本当に有難う御座いました!

ペットシッターの契約書・運営書類ならお任せください!

電話無料相談はいかがですか?

芦川行政書士芦川行政書士

サービスの運営方法や、ホームページの作成方法、

契約書・運営書類の作り方から、そのコツまで、

当サイトの無料相談では、気兼ねなくお尋ねいただけます!

是非、お気軽にご連絡下さい!

広告主様


連絡先