ペットを飼育するに当たり、私たちは多く学ぶ必要があります。

そんなときに力を借りたいのが、他の飼い主の方々の知識です。彼らが集まる交流会では、よりじっくりとお話を伺える環境が整っています。

今回は皆様のペットライフをより安全にして頂くための『ご活用頂きたいペット交流会のススメ』に関する記事になります。この記事が皆様のより良いペットライフに繋がれば大変嬉しく思います。


広告主様


ペット交流会とは?

ペットの交流会とはその名の通り、ペットの飼主やペット関連のお仕事に携わる方々が一堂に会し、ペットにまつわる飼育や躾の方法、ペットトラブル時の対処方法、お勧めのペットサロンの紹介など、非常に多くの情報を交換する場です。

交流会の中には、これからペット関連のお仕事を始めようとされる方々がお集まりになり、運営上のアドバイスやサービスのコラボレーションなどを提案し合う場としても活用されるものもあります。

ペットショップ様や愛護団体様・ボランティア団体様・個人飼主様など主催者は様々であり、それにより交流会のコンテンツも大きく変化します。

最近ではペットの損害保険会社様が主催する交流会なども有り、ペット保険に関する講習なども実施されています。

自由に飼主様がお話をするタイプの交流会と、交流会に一定のテーマを定め、専属の方によりペットに関する講義・講座・販売会などを行うものが存在します。

この様に交流会には多くの種類がありますので、ご自身の目的に応じて交流会を選択する必要があります。

ペット交流会の内容確認のススメ

ペットの交流会を有意義に活用するためには、まずその内容を知る必要があります。

適切な交流会を選択する事で多くの飼主様と出会えますし、適切な飼育を行うための情報も収集することが出来ます。ここでは交流会の種類から一般的な内容を見てみましょう。

ペット交流会を開催しているWEBサイトにて参加登録を行う

この交流会ではペット関連の飼育者・専門家などが集まり、特定の講義などを行って頂くケースが多く見られます。

参加費も無料から有料のものまであり、営利性がある交流会の場合にはペットグッズなどの即売会なども開催されます。

ペットの躾や食事などの実習やペットマッサージ、ペットケアなど、多くが非常に魅力的なコンテンツとなっています。

専門家の講義や研修などをメインイベントとしている場合には、個々の飼主様が自由にお話をするのではなく、専門家のお話を拝聴するスタイルが多くみられます。

そのため専門の知識を学びたい場合には最適ですが、他の飼主様との交流をメインに考えている場合には、あまり時間をとれないかもしれません。

もちろん中には他の飼主様との交流時間を別途設けている場合もありますので、交流会の内容を良くご確認されて下さい。

ペットビジネス交流会などの専門性が強いものであれば、専門業種の業界の知識から現状まで広く深く知識を得る事が出来るでしょう。

この様な大規模参加型交流会では、特に利用規約を熟読する必要があります。

ペット同伴型の交流会であれば、他のペットとのトラブルやウイルス感染、犬種・猫種などの指定、特定の販売物が存在することもあります。

思っていた交流会と違う』と言う事のないよう、事前にご確認の上ご参加ください。


広告主様


SNS等を通じて、オンラインで交流会を行う

実際に対面するのではなく、LINEや掲示板などでチャット形式の交流会を開催しているところもあります。

移動時間もなく開催頻度も多いため気軽に参加することが出来ますし、飼主様同士のお話に集中できる分、密度の高い交流を行う事が出来ます。

一方、実際に対面しない事から不用意な発言や、言葉のニュアンスが掴みづらいためのすれ違いも多少発生します。ネットリテラシーをもってご利用されることが大切なのだと思います。

またLINEやSkype等を利用されている場合には登録情報も残りますので、交流会専用のアカウントを作成される方も多いようです。

ご近所の愛好家様が参加する交流会に参加する

これには行きつけのショップやカフェなどでチラシを見て参加する場合や、散歩の際に他の飼主様にお声をかけていただく場合、地域の回覧板などで情報を知る場合、ご自身が中心となり交流会を計画される場合などがあります。

そしてこの様な近隣の交流会のメリットは非常に大きいと思います。

なぜならば、近隣の交流会では『地域のお勧めの動物病等のサービス』『ペットに関する行政への連絡先』『ワクチン接種などの時期』『ペットに子供が生まれた際の登録などの各種手続き』等、地域独自のペットに関する情報を豊富に交換出来るためです。

ペットを飼育するに当たり、近隣のサービスや手続きに関する情報は非常に重要ですし、また飼主様同士がご近所である事によりペットを通じた繋がりが非常に深くなります。

やはり何かあった際に気軽に相談できる、ご近所のペット繋がりがある事は非常に嬉しいものです。

また仮にご近所でペットの交流会が開催されていない場合には、ご自身で立案することも出来ます。

その際は利用規約の作成から場所の設定等、様々な内容を定める必要がありますが、回数を重ねる事によりその集合体も大きくなり、飼主様達の良い交流の場になる事が期待されます。

是非参加して頂きたいペットの交流会

ペットの交流会では様々な知識を得る事が出来ますし、何よりも他の飼主様とお話できる機会は非常に大切です。

普段は相談しづらいペットの悩みなども、飼主様同士でならペット特有の悩みも共有できると思います。

当事務所ではペットの交流会におけるトラブルのご相談や、ご自身でペットの交流会を開催される際の利用規約の作成から契約書の作成等、交流会に関する書類作成を承っております。