ペットを屋内で飼育している場合、部屋の構造によっては「ペットの生活音」が響きます。

その音が一般的に耐えられる『受忍限度』を超えた場合、普段の生活にも支障がでます。

ペットの騒音問題は成長と共にサイズが大きくなることもあり、場合によっては近隣の騒音に長年耐えなければなりません。

今回はペットを飼育するうえで意識すべき騒音対策に関する記事になります。

この記事がペットトラブル解決のお役に立てれば幸いです。


広告主様


騒音の受忍限度とは?

騒音の受忍限度とは『騒音、振動、煤煙などによる環境権、あるいは人格権の侵害や公害訴訟において問題となるもので、一般的に人が耐えられる被害の程度』と定義されています。

受忍限度の範囲内であれば不法行為は成立しないとされ、損害賠償及び差し止めは出来ないとされています。

逆にとらえると、受忍限度を超えている騒音に関しては損害賠償及び差し止め請求をされる可能性がありますし、またこちらから相手方にする事も有り得ます。

もちろん騒音に対する感覚は人それぞれ異なりますが、動物を飼育している場合には鳴き声等もその要因となりますし、深夜帯などの住宅街には想像以上に動物の声は響きます。

そのため皆様がペットを飼育されるにあたり、飼育上の騒音がこの受忍限度を超えていないか事前に意識しなければなりません。

小型犬でも良く吠えるわんちゃんの場合、近隣の方からの苦情の結果によっては継続して飼育して出来なくなるケースも考えられます。

防音装置を設置する経済的費用も加味し、将来的な飼育が不透明な状態で飼い始めることは避けましょう。

ペットを飼育するうえでの生活騒音は条例により基準値が設けられている地域が多く、それらを確認する事で許容値を確認できます。

環境省による騒音基準では『専ら住居の用に供される地域』及び『主として住居の用に供される地域』では、昼間の時間帯は『55デシベル以下』夜間の時間帯では『45デシベル以下』が基準値とされています。(路面に接する地域の場合、別途基準値が設けられています)

参照:環境省

また第一種低層住宅専用地域では、更に厳しい基準が設けられておりますので、注意が必要です。


広告主様


ペットを飼育するうえでの音対策は?

本当はペットの鳴き声は飼主にとっては騒音などと言われるのは心外です。

しかしながら動物を飼っていない方、赤ちゃんをお育てになられている方、夜勤でお仕事をされている方、神経質な方、様々な方がいらっしゃり、ペットの飼育上の音を騒音ととらえる方もいらっしゃいます。

そのためまず、ペットの騒音対策に関して考えてみましょう。ペットのためにも未然に騒音対策を講じられることが理想的です。

飼育環境を整える

  • 家具の配置を変え、声が響かないようにする
  • 防音サッシ等、比較的安価な物から事前に防音グッズを揃えておく
  • ペットがぶつかり易い場所などを布等で覆っておく
  • マイクロファイバー製のマットを生活環境に配置する

今は防音効果もあり、さらに消臭効果もある防音マットなども市販されております。
タイル式で張り替えられるものであれば、衛生管理の面にも配慮することが出来るでしょう。

生活スタイル・飼育環境を整える

  • 規則正しい食事と運動を行わせる
  • 無駄吠え対策のしつけを行う。時にはしつけ教室を検討する
  • 犬小屋は明るく風通しのよい場所に設置する
  • 時間帯に応じて休ませる場所を適宜変更させる
ペットの騒音対策は、これらが取り組みやすい一般的な方法です。

もちろん、動物のサイズや種類により対策も大きく変化しますし、マイクロファイバー製のマットなどを設置する事で猫の毛などが滞留し、ぜんそく等が発症するケースも否定できませんので、ケースバイケースでの対策が必要になります。

また騒音自体の測定を行い、今飼育している環境の改善にお役立ていただくことも効果的です。

市や区で無料で貸し出しを行っている地域もありますし、最近ではアプリでも測定可能です。有料で貸出しを行っているサービスも有りますので、一度ご確認下さい。

ペットトラブルに関するご相談
もしペットトラブルでお悩みでしたら

お気軽に当事務所の無料相談をご利用ください。

専門行政書士が、皆様のお悩みを迅速丁寧にお伺いします。

無料相談だけでも、喜んでお受け致します。

広告主様